日本酒を飲む際の注意点

アナタはどんな日本酒がお好きですか?そして、いつも飲む時はどれくらいの量を飲んでいますか?日本酒ファンは多く、頻繁に飲んでいる方も多いと聞きます。
しかしながら、日本酒を飲む時は注意したいこともあります。
美味しく楽しく飲んで頂く為に是非注意して頂きたいことがあります。

日本酒は口当たりが良くて、楽しい雰囲気についつい飲み過ぎてしまうこともあるものです。
大吟醸酒や吟醸酒はとても飲みやすくて、お酒を飲んでいることを忘れてたくさん飲んでしまいがちです。
しかしこれは危険なこと。
一口ずつゆっくりと味わうつもりで、時間をかけて飲むようにしましょう。
そうすることで自分の適量を超えにくくなりますし、自分の酔い加減を確かめながら飲むことができます。
また、これは日本酒に限ったことではありませんが、中にはアルコールが飲めない方もいらっしゃいます。
お酒が好きな方にとっては信じられないかもしれませんが、本当に飲めなかったり苦手な方はいるのです。
そんな方に無理やり飲ませたり、一気飲みをさせるなどもっての外。
場合によっては死に至る危険さえあるのです。
ですから、絶対にしないようにしましょう。

また、悪酔いするのは誰にとっても嫌なもの。
何とか避けたいと思います。
どんなお酒でも、飲み過ぎれば二日酔いしたり悪酔いしてしまうものですが、純米大吟醸酒や純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒などは、比較的悪酔いしにくくなると言われています。
もちろん、人によって体質や感じ方は様々ですから、実際に自分で飲み比べてみるのが一番
どんな日本酒を飲んだかによって、どんな違いがあるか比較しながらちょっと自分で研究してみるのも良いかもしれません。

女性は、カロリーなども気になるところかもしれません。
なぜか分かりませんが、日本酒は太るといったイメージを持っている方もいらっしゃるようですね。
日本酒のカロリーを見ると、100ミリリットルあたり103カロリーとなっています。
ちなみに、身近なアルコールの中で一番高いカロリーのものは、ウィスキーの100ミリリットルあたり237カロリーです。